• Share
  • Email
  • Print

スティーブン コワール / Steven Kowal

パートナー
シカゴ
+1.312.807.4430
Fax +1.312.827.8009

シカゴオフィスのパートナー。行政調査や複雑な刑事及び民事訴訟を専門に手掛け、特に反トラスト、カルテル及び取引規制、米国食品医薬品局(FDA)が製薬会社、医療機器及び食品メーカーに対して行う執行手続き、医療関連、証券及び経営関連の案件を主な業務分野としている。また、大企業を対象とした内部調査も行っている。

また、連邦裁判に関する経験も豊富で、数多くの大陪審捜査や刑事訴訟で企業及び個人を弁護している。反トラスト法や食品医薬品局(FDA)、連邦取引委員会(FTC)に関連した政府による民事執行手続きでも数多くの案件を取り扱い、また、キイタム訴訟の経験も有する。その他、刑事と民事が並行して行われる複雑な訴訟も取り扱った経験を持つ。

さらに上訴経験も豊富で、コロンビア地区及び第4、7、8、9巡回区連邦控訴裁判所、イリノイ、ミシガン、フロリダ各州の控訴裁判所、イリノイ州最高裁判所で刑事及び民事事件を担当している。

経歴

米国司法省反トラスト局で上級弁護士として7年間勤務し、数多くの刑事及び民事反トラスト事案の起訴を担当。同局勤務中には、その顕著な業績から司法長官特別表彰を含む数々の表彰を受けた。

1997年から2004年まではノースウェスタン大学ロースクールの非常勤教授を務めたほか、ベネディクティン大学経営経済学部でも教鞭を取った。そして現在は、同大学ビジネススクール学部長付諮問委員会のメンバーに名を連ねている。

実績

米国法廷弁護士会(ACTL)のフェロー。この権威ある組織は、卓越した法廷スキルを持つと認めた弁護士のみに加入を許し、米国及びカナダでも一流の弁護士として高く評価している。

その経験と業績を認められ、反トラスト法、ホワイトカラー犯罪弁護、食品医薬品局(FDA)法分野におけるThe Best Lawyers in Americaの1人に選出されている。また、Chambers USA, America's Leading Lawyers for Business からはホワイトカラー犯罪弁護における米国有数の弁護士の1人と認められているほか、Euromoney Institutional Investor's Guide to the World's Leading Competition and Antitrust LawyersCross-border Competition Handbook、国際法曹協会(IBA)が選出するThe International Who’s Who of Business Crime Defense Lawyersにも名を連ねている。Corporate Counsel Magazineでは、反トラスト法及びホワイトカラー犯罪弁護に関する国内有数の弁護士の1人として選出されている。さらにIllinois Super Lawyersにも名を連ねており、ホワイトカラー犯罪弁護、反トラスト法、政府規制などの訴訟におけるイリノイ州有数の弁護士と評されている。

過去には、全米法曹協会(ABA)の反トラスト法部会からの指名で連邦量刑ガイドライン修正案に関する連邦議会への提言を作成する特別対策委員会の議長を務め、この提言は同協会代議員会によって公式方針として採用された。また、コーポレートガバナンスや国際的カルテル執行、国内の反トラスト法違反に対する刑罰強化のための欧州委員会の特赦プログラム及び法律の変更提案に関わる諸問題を扱う対策委員会のメンバーに選出されている。2004年及び2005年には、連邦量刑ガイドライン修正案を担当する反トラスト法部会を代表して、全米法曹協会(ABA)からExceptional Leadership in Preparing Policy Commentsの表彰を受けている。

所属/活動

  • 全米法曹協会(ABA)(ホワイトカラー犯罪委員会、反トラスト法小部会共同議長(2007~2008年)、反トラスト法部会、刑事実務手続委員会議長(2001~2005年)、国際カルテル・ワークショップ共同議長(2004年)
  • 米国法廷弁護士会(ACTL)(弁護士対依頼者関係委員会(2007~2011年))
  • シカゴ弁護士協会(反トラスト法委員会議長(1996年))
  • 経済協力開発機構(OECD)(国際カルテル調査に関する情報交換作業部会、経済産業諮問委員会)
  • 食品医薬品法研究協会(FDLI)
  • FDA Enforcement Manual(編集顧問委員会)
全米法曹協会(ABA)、米国企業内弁護士協会(ACC)、シカゴ弁護士協会、イリノイ州弁護士協会、食品医薬品法研究協会(FDLI)、薬事規制専門家協会(RAPS)、ノースウェスタン大学ロースクール・コーポレートカウンセル研究所、法律実務協会、ワシントン法律財団(WLF)、大企業の法務部門など、全米にわたる各種団体を対象に刑事訴訟や政府執行に関する80件以上のプレゼンテーションを行っている。またGlobal Competition Reviewには、刑事反トラストや国際カルテルに関してしばしば寄稿している。

主な講演実績:
  • “Developments in Criminal Enforcement”(FDLI 11th Annual Conference on FDA Enforcement, Litigation and Compliance、2013年12月)
  • “Developments in Criminal Enforcement”(FDLI 10th Annual Conference on FDA Enforcement, Litigation and Compliance、2012年12月)
  • “International Enforcement”(FDLI 9th Annual Conference on FDA Enforcement and Litigation、2011年12月)
  • “Evidence Gathering In International Criminal Investigations”(FDLI 9th Annual Conference on FDA Enforcement and Litigation、2011年12月)
  • “Aggressive FDA Criminal Enforcement for Medical Devices”(OCTANe Presentation、カリフォルニア州アーバイン、2011年2月)
  • “Target on Pharma and Medical Devices: A New Enforcement Environment”(K&L Gates Webinar、2010年12月15日)
  • “Health Care Reform – Enforcement Expansion”(FDLI 8th Annual Conference on Enforcement and Litigation、2010年10月)
  • “Representing and Prosecuting the Individual in the Criminal Antitrust Process”(ABA Section of Antitrust Law, Cartel and Criminal Practice Committee、2010年3月25日)
  • “Government Antitrust Enforcement, Now and in the Future”(K&L Gates Webinar, by Douglas F. Broder, Vanessa Edwards, Kenneth L. Galzer, Friedrich L. Hausman, Steven M. Kowal, Scott Mendel, James R. Weiss、2009年12月8日)
  • “The Government’s Prosecution of Lawyers, Compliance Officers and Others with FDA-Regulated Companies”(FDLI, 7th Annual Conference on Enforcement and Litigation、2009年10月)
  • “Antitrust Developments: Criminal Enforcement”(ABA Antitrust Section, Corporate Counseling Committee、2009年9月)
  • “Enforcement Redux: FDA’s New Vigor Under New Leadership”(ABA Annual Meeting、2009年8月)
  • “Important Regulatory Developments: FDA’s Reportable Food Registry and Other Reporting Obligations”(K&L Gates Webinar, by Robert G. Hibbert, Steven M. Kowal、2009年7月28日)
  • “Yes you Can! Top 10 Ways to Leverage Internal Investigations to Reduce Costs and Mitigate Risks”(Association of Corporate Counsel、2009年6月)
  • “Current & Future Regulatory Issues for the Medical Device, Drug and Food Industries: Afternoon Session focused on Enforcement and USDA/Food Issues”(K&L Gates Event, by Steven M. Kowal, Anthony T. Pavel、2009年5月28日)
  • “Corporate Vicarious Criminal Liability”(Washington Legal Foundation, by Steven M. Kowal、2009年4月7日)
  • “Commencing the Investigation”(PLI, Internal Investigations 2008: Legal, Ethical & Strategic Issues、2008年6月)
  • “U.S. Antitrust Law and Global Enforcement”(ABA, White Collar Crime Committee、2008年5月)
  • “Responding to Criminal Investigations”(Corporate Counsel Forum, Liability Implications of the Subprime Mortgage and Credit Crisis – Tremor or Earthquake?、2008年5月)
  • “Criminal Antitrust Enforcement”(ABA, National Institute on White Collar Crime、2008年3月)
  • “Criminal Cases and Corporate Integrity Agreements”(FDLI, 6th Annual Conference on Enforcement and Litigation、2008年2月)
  • “Preventing the Erosion of Attorney-Client and Work-Product Protections: Strategies to Preserve Privilege in Products and Related Cases”(Drug and Medical Device Litigation、2006年6月)
  • “Antitrust Due Diligence In Handling Criminal Investigations”(ABA, Managing Antitrust Matters In The Modern Corporate Governance Era、2006年5月)
  • “Responding to FDA’s Enforcement Muscle”(FDLI, 4th Annual Enforcement and Litigation Conference、2005年12月)
  • “Conducting Internal Investigations”(CBA、2005年12月)
  • “Current Developments in Criminal Antitrust Enforcement”(ABA、2005年6月)
  • “Will the FDA Let You Keep Your Secrets? Erosion of Legal Privileges & Protections During an FDA Investigation”(Thompson Publishing、2005年6月)
  • “The Wolf in Sheep’s Clothing: Corporate Investigations Have Become A Tool of the Government”(FDLI, 48th Annual Conference、2005年4月)
  • “The Erosion of Privileged Communications”(PhRMA Annual Meeting、2005年4月)
  • “Criminal Practice and Procedure Committee Program”(ABA, Section of Antitrust Law Spring Meeting、2005年3月)
  • “International Cooperation In Antitrust Investigations”(ABA/CBA、2005年2月)
  • “Criminal Enforcement”(FDLI, Conference on Fakes and Imports、2004年5月)
  • “Criminal Developments”(FDLI, 47th Annual Conference、2004年4月)
  • “Criminal Practice and Procedure Committee Program”(ABA, Section of Antitrust Law Spring Meeting、2004年4月)
  • “The Joint Defense”(ABA, Section of Antitrust Law International Cartel Workshop、2004年2月)
  • 刑事反トラスト及びカルテル問題に関して、米国、オーストラリア、カナダ、ドイツ、日本、韓国、オランダ、フィリピン、タイ、英国の企業及び個人を代理。近年は自動車部品、航空旅客運賃及び貨物料金、ビル建設、コンピュータ用メモリーチップ、コンピュータ用モニタ及びディスプレイ、電子コンデンサ、電子部品、石油及びガスに関するエネルギー探査、食料及び雑貨、氷の製造及び販売、地方自治体及び国家財政などを担当。 
  • 米司法省による刑事反トラスト捜査において世界最大の自動車部品会社であるロバートボッシュ社(独および米国)を代理。また、他の管轄区における捜査についても同社の回答をまとめる調整役を務めた。
  • 地方債発行に関連する談合を扱った刑事反トラスト調査で投資銀行を代理。複数の争点での刑事告発を求める調査スタッフの強い勧告にもかかわらず、反トラスト局上層部は本件起訴の断念に追い込まれ、刑事及び民事の執行手続きの回避に成功。
  • 米国及びカナダにおける刑事反トラスト調査並びにその後の米国における民事損害賠償訴訟に関して、日本の大手電子部品メーカーを代理。
  • 連邦取引委員会(FTC)が米国において実施した民事調査及び訴訟に関してオーストラリアの農薬会社を代理し、企業側に有利な合意で解決。
  • 米国食品医薬品局(FDA)が実施した強制捜査及び手続に関して、大企業及びその経営幹部を代理。
  • 証券詐欺に絡む刑事事件に関して企業の社外顧問弁護士を代理し、裁判では完全無罪を獲得。
  • 製品の性能に関連する多数の死亡事件に焦点を当てた刑事及び民事の合同調査に関して、大手医療機器メーカーを代理。政府は本件起訴の断念に追い込まれ、刑事または民事の執行手続きの回避に成功。 
  • 内部告発者の申立てに基づいて米国国防総省、米国保健福祉省監察総監室、フィラデルフィア州連邦検事が実施した刑事及び民事の合同調査に関して、大手製薬会社を代理。政府は本件起訴の断念に追い込まれ、刑事または民事の執行手続きの回避に成功。
  • 処方薬及び機器の不適切な適応外使用の販売促進という申し立てに関連し、製薬/医療機器会社を対象とした数回の内部調査を実施。
  • 不正経理疑惑を受け、国際的電子機器メーカーの監査委員会向けの内部調査を実施。
  • 連邦議会小委員会主催の証言聴取に関し、大手製薬会社経営幹部を代理。
  • 医療事件の調査及び起訴に関して、経営幹部及び医師を代理。
  • 証券詐欺調査に関して、経営幹部を代理。
  • シカゴにおける大型汚職調査に関して、大手プライベート・エクイティ投資会社及び同社社長を代理。政府は本件起訴の断念に追い込まれて終了。