ニール・キャンベル / Neil Campbell

パートナー
東京香港
+81.3.6205.3607
Fax +81.3.3597.6421
+1.852.2230.3577
Fax +1.852.2511.9515
東京オフィスのパートナー。デット資本市場、証券化およびシンジケートローンを含むアジアの金融取引に長年にわたり従事しており、韓国、香港、中国、インドネシアおよびタイにおける初の証券化案件に関わった主要メンバーの一員である。航空会社、船舶、消費者向け債権ならびに人民元建て債券などの資本市場において、アジアで最も著名なアレンジャーおよび発行者を代理している。

証券化およびストラクチャードファイナンスの分野においてアジアを代表する弁護士の一人として認められており、IFLR 1000、Chambers Asia-Pacific、Chambers GlobalおよびThe Legal 500 Asia Pacificにて高評価を得ている。Dynasty AssetsやIndocoal、大韓航空などの取引において数々の賞を受賞しており、大韓航空の債権証券化案件のうち6件について助言した。

経歴

当事務所に入所する以前は、米国の法律事務所の香港事務所のパートナーであり、アジアデット資本市場業務の共同責任者を務めた。

所属/活動

証券化について広く講演しており、また金融に関する会議等において定期的にモデレータやパネリストを務めている。
  • ライセンス料の証券化を裏付けとする固定金利ノート71,550,000米ドルのアイルランドSPVの発行において、アレンジャーおよびノートトラスティ(および関連する当事者)を代理。
  • スタンダードチャータード銀行とエミレーツNBDキャピタルリミテッドが手配した米ドルの伝統的なイスラムのタームファシリティに関し、PT Garuda Indonesia (Persero) Tbkを代理。
  • インドネシアの銀行を主とした5つの銀行がアレンジした2億7,500万米ドルの担保付ファシリティに関しPT J Resources Nusantaraを代理。
  • 欧州の借り手に対して、1億5,000万ユーロの買収ファイナンスファシリティにおいてICBCを代理。
  • 中国の金融サービス会社の人民元建債券取引でアレンジャーを代理。
  • 大韓航空の3億米ドルの米ドル建て旅客チケットの担保付き変動金利債券証券化において、アレンジャーおよびリードマネージャーとしてスタンダードチャータード銀行を代理。
  • 日韓間の貨物輸送から発生する大韓航空の債権の120億円(110百万米ドル)の証券化において、大和証券キャピタルマーケット株式会社ソウル支店および韓国開発銀行を共同仲介人として、またドイツ銀行をノートトラスティ(および関連する当事者)として代理。
  • 25億人民元(390百万米ドル)のDim Sum Bondの募集において中国東方航空を代理。
  • アジアセメント中国ホールディングスコーポレーションの586百万人民元(91百万米ドル)のDim Sum Bondの募集を代理。
  • 日本と韓国間の路線での大韓航空のチケット販売の400億円(481百万米ドル)の証券化において、ソールアレンジャーとしての香港上海銀行公司を代理。
  • アシアナ航空の85億円の航空券に関する固定変動金利ローン証券化において、アレンジャーのドイツ銀行を代理。
  • 韓国ウォン建てクレジットカード債権の3億米ドルポートフォリオの証券化において、韓国最大のクレジットカード発行会社の1社を代理。
  • 仕組債の保証人として韓国の銀行を代理。
  • 将来債権の証券化において格付け機関を代理。
  • Dynasty Assetsの担保付きローンとその後のCMBS取引(中国所在の資産で担保された最初のCMBS担保ローン)について助言。
  • 中国企業の最初のオフショア債権証券化に関し助言。